生鯖刺しと〆鯖

今日の仕入れは鯖にこだわってみました。

いつも小田原から仕入れる 活の鯖は刺身で。

長崎の五島列島の鬼鯖は、シメサバにします。

食べ比べると、すごく贅沢で、幸せな気分になれます。

鬼鯖、身が厚くて、脂が乗って〆鯖にするには、最高です。

小田原の活さば、生きた状態で締めて血抜きをするので、身の締まりが半端ないです。

生で食べる鯖の食感は、プリプリです。関内で生の鯖が食べれるなんて本当に幸せです。他で食べれない物を仕入れて、お客様に提供することが文次郎の使命です。

やっぱり日本酒が欲しくなりますね。

今日の日本酒は、茅ヶ崎の曙光が一押しです。