第33回日本酒交流会「鶴齢」を5月28日に開催

鶴齢ゲストに、目崎裕子さんを迎えて…

日時
2016年5月28日(土)
場所
文次郎 関内店
時間
12:00~15:00(11:30 OPEN)
会費
4,500円
定員
30名様

― 「国酒」日本酒をもっと身近に!もっと楽しく!!

そんな思いから、実際に日本酒を造る蔵人のお話を聞きながら楽しい時間を共有出来るよう、月に一度の蔵元交流会を開催しております。

第三十三回は、新潟県南魚沼市「青木酒造」より目崎裕子さんをお迎えします。創業1717年、およそ300年の歴史を持ち、魚沼の中でも特に上質な水が流れる塩沢地区に位置します。

日本有数の豪雪地帯でメートル越えの積雪の中、最高の日本酒を生む酒造りで大切にしているのは、和合。「造り手」「売り手」そして、鶴齢を愛飲してくださる「飲み手」による和合によって良い酒はうまれる…。

そんなお話を聞いてみませんか?

席数に限りがありますのでお申込みはお早めに。

参加ご希望の方は、電話にて申し込みください。(関内店:045-633-3807)

※当会は前売制につき、キャンセルはお受けかねます。予めご了承下さい。